• ラグランジアン

運動方程式を決めるために必要な、位置と速度の関数。ラグランジアンが決まるとものの運動が決まります。

素粒子のふるまいもこのラグランジアンで表せます。

  • ハミルトニアン

エネルギーを表す、位置と運動量の関数。運動エネルギー+位置エネルギー。

 

どちらも、力学の法則をより美しく表す「解析力学」で重要な関数です。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です